ブランジリアンワックスという脱毛方法

MENU

ブランジリアンワックスという脱毛方法

ブランジリアンワックスとは、脱毛方法のひとつです。脱毛には、ニードルやレーザーやフラッシュを使用するものがありますが、昨今ではブランジリアンワックスも注目を集めています。ブランジリアンワックスがどのような脱毛方法かというと、まず最初にムダ毛の生えている肌にワックスを塗ります。このワックスは、熱により溶かされているのですが、肌に塗ると数十秒ほどで固まります。固まってからはがすと、ワックスにくっついたムダ毛が抜けます。これを繰り返してムダ毛を減らしていく方法が、ブランジリアンワックスです。

 

ニードルやレーザーやフラッシュによる脱毛は、熱で毛根を攻撃するという方法なので、施術により肌が乾燥したり火傷を負ったりする可能性があります。しかしブランジリアンワックスだと、火傷などのリスクを負うことなく脱毛効果を得ることができます。

 

また、基本的に全身のどの部位にも施術が可能です。両わきや両手足はもちろんですが、VIOラインの施術も可能なのです。さらに、塗ってからはがすだけという簡単な方法なので、施術時間が短いというメリットもあります。抜けたムダ毛は数週間ほどで再生してきますが、施術を繰り返すことで徐々に再生しにくくなってきます。以上のメリットから、ブランジリアンワックスは注目されてきているのです。